チャールズ2世 チャールズ一世~チャールズ二世の時期なん。実際の歴史は語りますー_ー[特定の宗教勢力が一強]の場合は、まさしく中世ヨーロッパのカトリック体制がそれでした。歴史に関して ※宗教を批判するものではありません 個人的に気になっているだけです 世界史を勉強していると宗教が発展などの弊害や戦争を招いてるように感じます チャールズ一世~チャールズ二世の時期なんかカトリック教とか色々ごちゃごちゃしてて絶対王政とかに戻ったりとかしてたり ユダヤ人迫害だったり 弾圧だったり もしカトリック教などの宗教がなかったもしくはひとつの宗教しかなかったら今の世の中どうなっていたでしょう 1。国 にってその相内が一層 ったの もりかえし。党と備をはかった。こうした状況
のきなか。フランスにし ていいたチャールズ世の子が 年に して王位についた。
この期復方は を行った。しかし。スコットランドに起こった程日の費用権出に

チャールズ2世。ピューリタン革命後のクロムウェル独裁が終わった後。王政復古によって即位
したイギリス国王。カトリックチャールズ1世の子。絶対王政への復帰を
否定したチャールズ2世が王政復古の前の議会との約束。1660年。フランス
亡命から戻ったしかし即位後のチャールズ2世は。ブレダの宣言に反して
カトリックの復興をはかるなど。議会に対立して絶対王政の復活を策した。
議会はそれに反対して。1673年に審査法を議決してカトリック教徒の官職
就任を阻止した。

実際の歴史は語りますー_ー[特定の宗教勢力が一強]の場合は、まさしく中世ヨーロッパのカトリック体制がそれでした。カトリックが絶対的社会基盤として秩序を作り上げた一方で、他の進歩的な考え方異文化や科学などを徹底的に退け弾圧し、保守化してゆき、権力者は厚顔無恥に己の権力を誇示するようになり、挙げ句には下々が虐げられる結果となりました。権力者の特権意識は聖書本来の理念にそぐわないものでした。その増長ぶりに異を唱えた人がプロテスタントに走ったり科学を追求したりする事で、カトリックの権威は落ちぶれました。[宗教勢力がなくなる]場合は、社会主義体制がそれでした。宗教不要と論じた事で人民の平等を謳った一方で、他の調和的な考え方他国の発展や信仰心などを徹底的に退け弾圧し、保守化してゆき、権力者は厚顔無恥に己の権力を誇示するようになり、挙げ句には下々が虐げられる結果となりました。権力者の特権意識は社会主義本来の理念にそぐわないものでした。その増長ぶりに異を唱えた人が革命に走ったり自由を追求したりする事で、世界中の社会主義体制は崩壊しました。↑…とまぁ、作為的に上のふたつをコピペ的に表現したんですけど ?д?これらの体制側には、そのモラルを管理するシステムがなかった事が最大の過ちだったような気がします。何が言いたいのかというと、宗教どうこうというより、権力とは必ず腐敗するものだという事です。権力者に対するチェック機能がない以上、今も将来も歴史は繰り返されるのだろうと私は考えますが、いかがでしょうか?′?ω?`

  • 子供を殺してくださいという親たち 相手失敗たら自分勝ちや
  • クロちゃん 水曜日のダウンタウンのモンスターハウス人気企
  • BIOSでブート順を変更する BIOSでセキュアブートオ
  • Essay 僕自身テニス未経験でテニスの映像上ののか見た
  • 『火の鳥』のクソ鳥っぷりについて突如語り出した人々のTL