予報精度向上の取り組み 天気予報もAIでできるのではない。天気予想はスパコンがしてます。何でもAIが活躍してますが 天気予報もAIでできるのではないですか 地震とかも過去のデーターから AIでわかる時代が来ませんか 予報精度向上の取り組み。ウェザーニュースは既存の天気予報の延長線上にはない手法を常に模索しながら
天気予報を開発しています。予報に独自の技術を導入することで。これまで
の気象予測モデルでは上手く表現されなかった雨雲の発達状況なども高解像度?
高精度で予想できるようになってきました。 また。ウェザーニュースがもつ日本
最大の観測ネットワークは最大の強みです。ウェザーニュースはこのように型
にはまらない革新的な手法を用いて。どこよりも一番当たる天気予報をお届け
できるGoogleが「瞬時に天気予測が可能なシステム」を開発。正確な天気予測は「非常に難しい」とされていますが。機械学習は天気予測の
精度を向上させることができるのではないか。とかねてから研究者は指摘してき
ました。によると。の研究者は最大時間後までの正確な降雨予測を
単位で「毎分」計算できる技術を開発したとのことです。
“”

天気予想はスパコンがしてます。ヒトが作った気象モデルに沿って計算してます。ヒトが計算できる世界ではありません。また限定的な範囲に対して行っていますが、地球規模レベルになると、現在のスパコンでは計算速度が遅くて計算できません。AIは学習能力を持つシステムの事です。学習とは、過去の事実?事例を学ぶ事です。あなたも経験済みですね。教材はどうしていたでしょう。ヒトが作った教材を使いましたね。AIも同じです。ヒトが作った教材で学習します。問題が出されたら過去から何かを掴み出すのがAI。なのでヒトの枠を超えられません。記憶量、計算速度はヒトを超えます。今回の第三次AIブームは、多階層関数による学習技術と画像認識技術の向上によって、この2つが組み合わさって「機械が目を持った」という事で起こりました。この分野を食っていると思います。できないのが、文章?会話の文脈理解。これにはヒトの持つ常識が必要とされていて、「機械がヒトの常識を学習できるか」というチャレンジを近年になって始めている研究者はいます。創造という慮域はまだまだその先にあります。地震に関しては未知の事が多すぎます。日本の地層はこれまで考えられていたものより、もっと細分化されている、というのが判った来たのは近年の事です。気象予測はずっと前からAIがやっています。ただ単にそれをAIという名前で呼んでいないだけです。地震は今とのところ予測が可能なほど仕組みが解明されていませんので、AIを使ってもどうにもなりません。精々、大地の歪みのシミュレートをする程度です。天気予報は、AIで分析して、Vチューバーに放送して貰えば充分ですね昔は関東地方の大地震は69年周期で起こると言われていたんだよねえ関東大震災が1923年で、1970~80年代は次が90年過ぎに来るって予想されてたんだよねえ。こんなのAIに頼るまでもねえなお、現在では関東地方では二つの震源があると考えられており、関東大震災の方は200年に一度くらいなので、21世紀の間は起こらないだろうと考えられている。<防災週間>関東大震災 消えた「69年周期説」かなり前から気象庁の予測はスパコンでやっている。地震予測への適用はニュースに出てた。地震大国日本のデータを持ってしても試みの段階ですし、地形?地質に影響されるから日本周辺国以外では恩恵が薄そうではあります。世界各地で多角的に詳細データを採っている気象とはデータ量と質的に差があるので学習データや予測モデルの質に差が出る為、気象より何歩も遅れるのはしょうがない。

  • はじめの一歩 宮田のジョルトパンチつま先立ちの前傾姿勢で
  • 東大模試の成績はどう考えればいい 東大模試で偏差値90る
  • 刃牙道11~20話感想 花山薫死ぬほど努力たら武蔵や勇次
  • 投稿が解決済みになっても 解決済みなっていて回答者だけな
  • メトトレキサート リウマチのメトトレキサート葉酸入りのサ