UPSのバッテリー交換時に本体の電荷が抜けた状態で新しい。ブレーカーにワニ口クリップ付けたバイパス用ケーブルを作ってそれを先に繋いでブレーカーをONにして配線を繋ぎます。UPSのバッテリー交換時に、本体の電荷が抜けた状態で新しいバッテリーを接続したら、突入電流でコネクタが溶接され焼き付いてしまった様です どえらい火花でビビってしまいました 笑 5つのバッテリーを直列接続している機種なので、かなりの電流が流れた様です 今度また別機体でバッテリーを交換する事になっています 次回は、火花を抑える為に抵抗を挟むのはどうかなと考えています 何Ω、何ワットの抵抗を繋げれば良いのでしょうか (ホットスワップ出来ればそれも対策になりそうなので並行して調べてみます)UPSのバッテリー交換時に本体の電荷が抜けた状態で新しいバッテリーを接続したら突入電流でコネクタが溶接され焼き付いてしまった様ですの画像をすべて見る。

ブレーカーにワニ口クリップ付けたバイパス用ケーブルを作ってそれを先に繋いでブレーカーをONにして配線を繋ぎます。1000Ahのバッテリーで30~50Aぐらい流れます。突入電流の見込みとしては、入れるところの電圧差と電池の内部抵抗でどのくらいの電流が流れるかの見込みと、それを何アンペアまで抑え込みたいかで決まります。なお、重要なことはスパーク飛ばしても壊れない構造を持つスイッチとかブレーカーの中でスパークは飛ばすべきってことです。うちの会社でも電池を数百本レベルで直列したUPSを運用してますが、系統に電池をつなぎこむ時には、インバータ停止した状態で各部のブレーカー落としてから負荷にはバイパスがかかるから電気は行っている直列になってる電池のつなぎ目を一個外してブレーカーを割り込む。電池を全部セットしてからブレーカー投入この時サージが飛ぶならブレーカー内部で飛ぶけど、ブレーカーはサージ切る手段が用意されているのでものは壊れないブレーカーが入っている状態でブレーカーと並列ここには電圧はかかってないから何してもアークは出ないに電池間をつなぐ端子を接続ブレーカーを切ってからブレーカーの配線を電池から外すという手段を取って端子の接続時にアークを飛ばさないようにします。特に鉛蓄電池の場合は水素の発生があり得るので、電池の近くで火花が飛ぶのは爆発の危険がある作業になります。ご注意ください。ホットスワップ可能なUPSが普通になっています。コネクタが溶着したUPSは廃棄して下記のようなUPS取り替えられることを推奨します。抵抗を付けたり外したりするのは、失敗してまたアークが跳んだりするかも知れません。ウチの場合は、抵抗は使いませんね。AC電源ONの状態で接続します。因みに、バッテリー6個72Vの機種です。電源OFFの状態で接続したときヒューズを飛ばしたので。

  • 斑尾高原とは 斑尾高原ホテルモンエール斑尾って
  • 思い出した 明らか怪いのね
  • 慰安婦問題像 あいちトリエンナーレで慰安婦像展示するべき
  • 英語の文章表現 受動態でなくてbelieved形容詞であ
  • 電車E531系: E531系の付属編成単独運用多い基本編